大金持ちだったのにすっからかんになってしまった有名人たち!

7335
- Advertisement -

人々の中にはお金を管理するのが得意な人もいれば、稼いだお金を浪費してしまう人もいます。もちろんこれは、セレブといえども例外ではありません。これからご紹介するセレブのリストは、一度は財産を築いたものの、その後に使い果たしてしまった俳優や女優たちのリストです。この中の何人かはエンタメ業界から身を退き、静かに暮らす道を選びました。その他のセレブは、生計を立てるために働き続けなければなりませんでした。ぜひ続きのページへ進んで、リストを楽しんでください!

さだまさし

さだまさしは日本のシンガーソングライター、タレント、小説家です。彼はフォークデュオのグレープでメジャーデビューを果たし、その後はソロとなって「関白宣言」「北の国から」など数々のヒット曲を生み出しました。そんな彼ですが、実は影で大きな借金を抱えていたことを知っている人は少ないでしょう。彼は自身のヒット曲の印税などを元手に、映画「長江」の制作に挑戦したのでした。しかし、撮影が難航し、機材費や人件費などが膨れ上がり、結果として30億もの借金を背負ってしまいます。その後は、たくさんのソロコンサートを行ってなんとか借金を完済したそうですが、このストーリーの方が映画よりも人気が出そうですね。

advertisement

- Advertisement -